Canpath
1991 views
2 応援!
0

休学についてちょっと思うこと

今日から私の大学では授業が始まり、今日から私は晴れて休学の身になりました。


最近、会った後輩さんとかには、休学なんて思い切ったことを、、!!さすがですね!(笑)みたいな反応をもらったけれど、たぶんそんな特別ではないと思います。
(休学が特別な時代は終わったのに今更なにをという声も聞こえてきます(笑))

本当に大したことある人は"大学生"なんて肩書きに頼らずとも自分でどうにだってできるから休学なんてせずさっさと卒業するんだと思う。むしろ学生の肩書きが邪魔だって言ってた人もいてた。
私は正直学生っていう特権を使わないと今回の"挑戦"はできなかったと思うからまだ学生という立場を使える休学を選びました。卒業して、学生という立場じゃなくなって、その時に私個人で戦える自信なんて今は本当にない。
  
だから私は今この学生の間にたくさん失敗してたくさん泣いてたくさん考えて、悩んで、迷って、ちょっとだけ前に進んでみたい。
  
休学したらもちろん単位も就活も中々ハードになることもあると思う。それに休学なんてするより先に学部の勉強しろよっていうのもすっごくわかる。
それでも、自信はないけど、挑戦したいもの、見たいもの、触れたいものがあってそれを今してみたいと思ってる人には、休学も恐れずにたくさんある選択肢の一つにしてみたらいいんじゃないかなと思っています。

あ、ちなみに、これは立命館大学生だけですが、1セメスターの休学費用は5000円です。お得です。(笑)

別に休学を全面肯定するつもりでもないけれど。選択肢として普通にありなんじゃないかなと。
4年で大学は卒業しなければならないと信じ込み、留学は4年で卒業できる交換留学一本に絞り、GPAを5のうち4前後をキープしながら単位をたくさん取り、英語の勉強にいそしむという今から考えると優等生だった(笑)1年生の私がこれを読んでたら何を考えてたかな、なんて。

この記事を書いた人

Canpath user icon
Yukiko Miyatake
現在地:日本
宮城、大阪、京都 立命館大学国際関係学部国際協力開発専攻 2回生 FTSN(FairTradeStudentNetwork)関西支部 立命館大学フェアトレード団体beleaf トビタテ!留学JAPAN1期生 マレーシア科学大学留学2014.08-2015-07 経産省委託HIDA,JETRO共同海外インターンシップ制度を利用し、フィリピンにインターンシップ 2015.10~ twitter @ykk_0

Yukiko Miyatakeさんの海外ストーリー