Canpath
5023 views
3 応援!
0

国家総合職受験記「エヴァに乗れ」「わ、私がプリキュア!?」①

留学前の就活について書きます。

私がこの記事を書こうと思ったのは、能力云々よりも「やるかやらないか」「場面場面でベストを尽くすか」がその後を大きく変えるということを伝えたいからです。

昨年5月、国家総合職の一次試験に合格しました。

友人に誘われて受験したため、受験したことすら忘れていました。もし二次試験に合格すれば霞が関の官庁参りと聞き、眩暈がしたほどです。

それでも、せっかく合格したんだしと合格者向け説明会に足を運びました。そこでとある省庁の職員から「うちには女性の職員がたくさんいますよ」とパンフレットを渡されました。女の私にとって職場に女性が多いことのメリットがわからずいましたが、2次試験会場でその謎が解けました。試験会場に来た合格者のうち女性が1割しかいなかったのです(院卒者枠・九州ブロック・院卒者枠)。

男だらけの職場で圧倒的マイノリティとして働かなければならない霞が関はやはり居心地がいいものではないはずだ、とぎゅうぎゅう詰めのエレベーターの中で考えました。

image.png

一方、説明会で知ったこれからの日本の歴史を作る仕事には魅力を感じずにいられませんでした。

この試験を受ける以前に、 「お上は何をやっているんだか」と想像力を働かせることなく口にしたことがないとは言いません。県庁に入れればいいか〜くらいに考えていたのにいきなり「官僚」という選択肢を突きつけられた私の慌てようは、「エヴァに乗れ」といきなり言い放たれた碇シンジのテンパり具合と同じようなものでした。

合格通知を手にしても「公務員試験ってあみだくじで決めるんだっけ…」と半信半疑。「わ、私がプリキュア!?」って感じでした。世代的にはセーラームーンですが。

逃げちゃダメだ、なんて考えはしませんでしたが、ひたすらに「自分には無理」と呪文のように唱えていたのは他でもない自分自身だと気付きました。

Cindy Lauper Girls just wannt to have fun
http://youtu.be/PIb6AZdTr-A

結局、国家総合職の2次試験は不合格。捨てる神あれば拾う神あり、文部科学省のトビタテ!留学プログラムに採用され、現在フランス留学中です。帰国後の進路は、ふりだしに戻って考え中です。とはいえ留学期間も折り返しの時期。これからブログにアウトプットすることができればと考えています。

国家総合職の2次試験について、続きます〜
http://www.canpath.jp/stories/1430

この記事を書いた人

Canpath user icon
Reiko Ishimaru
現在地:日本
映画鑑賞。 TOEIC860。 佐賀県。 心理学。 大学院。

Reiko Ishimaruさんの海外ストーリー