Canpath
1575 views
1 応援!
0

夜の街

夜行列車に乗ってきました〜ブダペスト!
目の前の男性がダニに噛まれ痒さに苦しみ、泊まったホステルにいた男性も痒さに苦しんでいた中何も対策してないのに無事だった私たち。
でもやっぱり気をつけないといけないのですね!

このあたりから難民のニュースが連日やっていました。まだブダペスト東駅にはたくさんの難民がいたものの、大分ドイツ入りを果たしていてあまり影響はうけませんでした。でもこの前まで過ごしていたドイツが数日の間に姿を少し変えているのかと思うと不思議で複雑な気持ち。そして命の危険から逃れ、でもブダペストで先に行けず駅に寝泊まりせざるを得ない人たちを前に観光で遠い日本から来てる私。なんだか心が少し痛かったです。自分の恵まれた環境に感謝します。

ここにきて体調不良ピーク。
1日はホステルでずーーっと寝てました。
咳してる私をみて中国系アメリカ人の女の子が飴をくれました。やさしい、、、、:....(

2日目さぁ観光だ!と思ったらずーっと雨。
image.jpeg
image.jpeg

なんか体調も良好じゃないし、気分もおちて、

image.jpeg
image.jpeg

ブダペストの町並みは綺麗だけど、これまで見たものとは大きく違いました。ちょっと暗いというか、影があるというか。いい意味で。体調不良と駅の光景が影響してるのかもしれませんが…

でも、

夜景!!!!!!

これは格別!

image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg

北海道の函館山からの夜景、香港での100万ドルの夜景、、世界三大夜景といわれるものを見てきたけど、またそれとは違う魅力がありました。これぞブダペストという感じ。

ヨーロッパ=可愛い街って思ってる人はもしかしたらイメージと違うって思うかもしれません。

ちょっと列車にのって隣の国に行けば、次々新しい光景が広がる。一口にヨーロッパといっても本当にいろんな姿があって私もまだまだその一部しかみれてなくて、もっと見たい!!って思いました。少し危なくても、汚くても、それもまたひとつ。死ぬまでにたくさんのところを訪れたいです。

ここで友達とはお別れ!

ウィーン入りをしたかったのですが列車が止まっているのでスロバキアのブラチスラバにいってきます!

予定してなかったので全然イメージがなくて、未知の世界へ!!

この記事を書いた人

Canpath user icon
Misako Hayata
現在地:日本
京都市出身、在住 同志社女子大学3回生 クラシックバレエ部所属 食べることと旅行が大好き!

Misako Hayataさんの海外ストーリー