Canpath
2021 views
1 応援!
0

【フィジー留学】学校スタート!~第4章~

どうも、シライです。

本当に、毎日いろいろなことが起こりすぎて、

若干、消化不良が否めないシライです。

今日は、僕の通っている学校について書きます。

フィジーには3校英語学校があるそうですが、

私の通っている学校は

SOUTH PACIFIC FREE BIRD

http://www.southpacificfreebird.co.jp/

という学校です。

午前は文法と発音を学び、午後はディベートやロールプレイを行うといった授業内容です。

授業を受けて感じたのは、

生徒が授業に集中できるよう先生が
授業内容をフレキシブルに
コントロールしているなということ

例えば、AM8時より始業なのですが

眠気の残る1限には必ず発音の授業を行い、アウトプットを主にすることで眠気対策。

それでも、眠たくなる時もありますよね・・・

そんな時は、すぐに先生が、しりとりゲームみたいな

簡単な目覚ましイベントを始めます。

先生からは、とにかく折角お金を払ってフィジーまで

来ているんだから、その分成果を出してほしいという熱意がすごく伝わってきます。

そして、午後のディベートやスピーチの授業。

おそらく、これも、昼飯を食べた後で本来なら眠くなってしまうところですが、

主体的に生徒が動く授業にすることで、眠気を防ぐ意図があるのだと思います。

テーマも、「人間は機械がなくなっても生きていけるか」 等の

大きなテーマ。

日本語でも難しい討論内容ですが、これを英語で行います。

この辺は、比較されがちなフィリピンの語学留学の内容とは異なるかもしれませんね

シャーぺンと消しゴムなんて何年ぶりに使っただろうか・・・

P2180222.JPG

クラスルーム

P2180210.JPG

この記事を書いた人

Canpath user icon
Hidenori Shirai
現在地:フィジー諸島
【現在フィジー留学中】フリー広告プランナーとして働く30歳です。現在、富士山の近くで、気軽に泊まりに来れて、みんなに 色んな”きっかけ”を提案する「宿」を作ろうと奮闘中! 詳しくは、きっかけを提案する宿「きっか家」 http://blog.livedoor.jp/shirahi_trigger

Hidenori Shiraiさんの海外ストーリー