Canpath
439 views
0 応援!
0

ブルガリア語サマーセミナー開始

ブルガリアでは、夏に様々セミナーが開催されているけど、私が参加したのは、ソフィア大学主催のブルガリア語学習者を対象とするブルガリアの言語と文化を学ぶものでした。
これは大学のご縁で毎年私の大学から来る交換留学生に提供してくださっているそうです。

期間は7/13から8/1まで。
会場はソフィアの郊外にあるローゼンという村にある赤十字のトレーニングセンター
そこで宿泊、授業、食事、スポーツ、ディスコ(笑)全部済みます。☺️

基本的に平日はこの流れ
8:00-8:45    朝食
9:00-11:15 ブルガリア語授業(レベル別)
11:45-13:00    ↓
13:00-14:30   昼食
17:30-18:15 フォークソング(自由参加)
18:15-19:00 フォークダンス(自由参加)

土日は、プロヴディフ、リラの山と修道院、ソフィア市内、国立博物館など、、、ソフィアからバスで二、三時間で行けるところまで観光に行きました。

このセミナーは、倶楽部ブルガリアАБВによると、
「参加者はヨーロッパ、ロシアなど近郊国の言語学科学生が多いので初級参加者にとっては少しマニアックかもしれない。」とあります。
逆に、アジアから離れて、文化やバックグラウンドの異なる人々の中に浸かってみたい!という人にはぴったりだと思います。

私の回にはヨーロッパ・ロシア・コーカサス・韓国・日本から来た学生が来ており、
ブルガリア語に触れたことの無い人から学者(若い人から子ども連れの主婦、中年の方々も)まで様々でした。

ブルガリア語に触れたことの無い参加者は、”祖父がブルガリア語を話せるから勉強してみようと思って来た”という人やただ単に”奨学金をもらえて無料でブルガリアに行けるチャンスだった”と言う人、中には"夏に色々な国から来た人と友達になってヴァカンスを楽しみたいから来た"という人もいて、クラスは5つのレベルに分かれているので、気楽に参加できます^^

ブルガリア語を1セメスター授業でかじっただけで、アルファベットと挨拶しか覚えてない状況で来た私は、placement testでなぜかレベル2に配置されました。ブルガリア語で授業が進行され、当然ちんぷんかんぷん。笑
そのため日本人のロシア語の講師をされている方とレベル1に移動しました。

レベル1でも最初は何とかついていけていたものの、ヨーロッパの参加者との授業をのみこむ速度には敵わなく、日本人の横に座って、いつも授業を受けていました😂

レベル1はラフなギリシャ人とおしゃべりなポルトガル人で大部分構成され、それぞれの国に関する雑談でよく盛り上がり楽しかったです。😂

寮の同室は日本人の、主にブルガリアで活動されている開発コンサルタントの方で、初めて来た私にブルガリアの言語から生活に関すること、お仕事についてお話ししてくださいました。

この記事を書いた人

Canpath user icon
Mari K
現在地:ブルガリア
2011年 短大入学(英語コミュニケーション専攻/人権を学ぶゼミ) 2013年 同短期大学卒業 1年間 ウォーターサーバー販売/ホテルサービス/四年制大学編入学を志す 2014年 大学編入学(ビジネスコンテスト/平和学ゼミ) 2015年 ソフィア大学へ交換留学 2016年 帰国 2017年 卒業予定 大学の交換留学でブルガリア・ソフィア大学に一年居ました。

Mari Kさんの海外ストーリー