Canpath
1966 views
1 応援!
0

【フィリピン留学費用3ヶ月】セブ島より格安の学校!

フィリピン留学生活の記事をたくさん書いたのに、
大切なことを忘れて書いちゃった。
予算(留学費用)こそみんなが聞きたいことだろう!
だから、フィリピン留学三ヶ月の費用を紹介しよう!
フィリピン留学三ヶ月の費用

インターネットにフィリピンとセブ島の費用情報がいっぱいあるけど、
たくさんの項目の意味がよく分からなので、
以下のとおりに詳しく説明する。

✔ I-CARD:59日を越えてフィリピンに滞在する全ての外国人が対象となります。取得費用は、3000ペソ(約8000円程度)となり、こちらも学校側が必要に応じて代理申請してくれます。
✔ビザの延長費用:4週間までなし8週間なら3490ペソ、12週間なら8220ペソ。
✔SSP:Special Study Permit は直訳すると「特別就学許可証」になります。観光を目的として入国した外国人がフィリピン国内で合法的に勉強するために必要なビザの一種になります。

❖ 学費と学校寮の費用について説明しよう。

Paradise Englishなら、学校の公式サイトに時々キャンペーンがあるので、
その時は三ヶ月の費用と生活費と往復の航空券は4500USDぐらいだ。

Paradise English(ボラカイ島)は、マニラとセブ島の学校に比べて、ちょっ
と高いかもしれない。
でも、セブ島一ヶ月留学とボラカイ島一ヶ月両方留学し
た友達の話によると、
セブ島の学校寮費用派もっと安いけれど、
海と観光地まで遠いから、週末しか海へ遊びにいけない
交通費がもっとかかる。

Paradise Englishなら、寮から綺麗な海と観光地までたった十分ぐらいで歩ける。
だから、みんな毎日海へ簡単に行ける
つまり、ボラカイ島のメリットの一つは、
「時間は金なり」ということだ、ははは!

マニラとセブ島の学校なら、
スパルタ(毎日8時間以上の授業)で英語の「読書」「文法」だけ勉強する学校が多い。
アジアの学生にとって、「話す」「聞く」の技能は低いから、
このよなシステムは効果的ではないと思う。

ボラカイ島なら、
いろいろな国から来たクラスメートと一緒に遊ぶ機会がたくさんあって、
英語で話すチャンスもある。

だから、自分の需要にふさわしい学校を選んでください。
私の考えでは、「読む」「書く」の技能を高めたい人はマニラとセブ島がいいと思う。
「話す」「聞く」の技能を磨きたい人はボラカイ島が合うと思う。
せっかく海外留学なのに、いつも学校で勉強するのはもったいないでしょう?
遊びながら勉強しよう!

公式サイト(日本語):http://bit.ly/ParadiseEnglish_JP
フィリピンとセブ語学学校を徹底比較:http://bit.ly/PE_Japan
Paradise English 三ヶ月留学体験談:http://bit.ly/eatNplay_JP
¥¥ フィリピン留学費用 ¥¥ 3ヶ月授業料と宿泊費:http://bit.ly/eatNplayJP2

この記事を書いた人

Canpath user icon
Aaron Chen
現在地:フィリピン
Language helps me communicate with people, make friends over the world and ... make you feel my heart :)

Aaron Chenさんの海外ストーリー