Canpath
1017 views
0 応援!
0

イギリスの大学院 ~出願編~

みなさんこんにちは!英国ニューカッスル大学のマスターで、有機農業を研究中のめぐみです。

今日は「イギリス大学院の出願」について書きたいと思います。
インターネットで「イギリス 大学院 出願」などと検索すると、必要な書類や出願時期などの情報がたくさん見つかります。
なので今回は、私がいつ頃どのような書類を提出したか、一例として紹介したいと思います。

まずニューカッスル大学のマスター出願に必要な書類は以下のものでした。
・学部の成績証明書
・卒業証明書/卒業見込証明書
・志望動機書/自己推薦書(6000字以内)
・推薦状2通
・あればIELTSのスコア(入学までに必要スコアをクリアしたものを提出できればOK)
・パスポートのコピー
(全て英文)(職歴のある方はCV等も必要になります)(大学によって提出する書類は異なりますので、ご注意下さい)

書類作成開始から提出まで、約3週間程かかったと思います。3月末から開始し、4月20日に出願しました。ネットには、だいたい前年内に出願を済ませるように書いていることが多く、私の出願時期はかなり遅いものであると思われます。
イギリスの大学のほとんどは、ローリング審査方式というものを採用しています。これは出願順に審査が行われ、順次合否が決められ、合格者が定員に達し次第募集を締め切る方式のことです。早く応募すればするほど有利になるので、早め早めの準備をおススメします。

志望動機書/自己推薦書について、以下の内容を含めるように書かれていました。
・なぜ出願するコースを選んだのか
・なぜニューカッスル大学なのか
・出願するコースが自身にどのように適しているか
・研究への熱意・意気込み
・自身のスキル(コミュニケーション能力・時間管理・問題解決能力など)
・自身のスキル・能力・経験などを、どのように活かすことができるか
・コースに関する内容で、これまでに成功・達成したこと
・大学院での勉強を将来どのように活かすのか

以下のURLに私の書いた自己推薦書を掲載していますので、参考にしてみて下さい。ただし、イギリスの大学では文書を精査して、ネットの情報と同じものがないか必ず確認します。コピーすると必ず弾かれてしまうので、絶対にコピー・引用はしないで下さい。
https://drive.google.com/file/d/0B0RZgdlte48oSlUzSE...

推薦状は1通は日本の大学の教授、もう1通はインターンでお世話になったニューカッスル大学の教授に書いて頂きました。また成績証明書と卒業証明書は、大学で申請をしてから10日程で受け取ることができました。

全ての書類を提出すると、「審査に2か月ほどかかる」という内容のメールを大学から受け取りましたが、私はわずか7日で合格の結果をもらうことができました。

なかなか出願準備は大変ですが、少しでも参考になればと思います(´ω`)

この記事を書いた人

Canpath user icon
Megumi Nagao
現在地:イギリス
トビタテ!2期生 Organic Farming Australlia/WWOOF UK/Newcastle University/NEFG(Nafferton Ecological Farming Group) 練習のため、英語でも書いていきたいです!

Megumi Nagaoさんの海外ストーリー