Canpath
783 views
3 応援!
0

持ち物リスト

約半年、なに持っていけばばいいんだと悩んで悩みまくっていた結果、いつの間にか前日に。笑
ドキュメンタリー用の機材などはそれまでに用意しましたが、他の諸々のものは慌てて買いました。
<持ち物リスト>
バックパックの中
・寝袋(どこでも寝られるし、意外とアフリカの夜は寒いので、あると便利、あと、体中が覆われるので対マラリアに効果的)
・タオル二枚(体拭いたり、汗ふいたり…とりあえず二枚くらいあればいける、という判断)
・洋服(ジーパン、短パン×2、シャカシャカするジャージ、Tシャツ×3、ヒートテック上下、ポロシャツ、トレーナー)
・日本食(いざという時の救急用品。ほんだし、鶏がらなんかも入れてある)
・絆創膏(傷があったりすると、細菌が入る可能性があるため)
・運動靴(飛行機はクロックスで)
・髭剃り(一応)
・ホワイトボード(これに何か書いてもらって写真をとれば絵になる!はず!笑)
・虫よけスプレー
・フランス語勉強道具(マダガスカルの公用語はフランス語)
・英語単語帳(暇つぶしにもなる)
・ボディローション(乾燥肌なので)
・延長コード
・石鹸
・バックパックレインカバー(雨季対策)
機内持ち込み
・PC(surface2)
・イヤフォン×2(家にあったから)
・首枕(出発前に姉にもらった)
・トイレットペーパー×2(アフリカでトイレがないときや、紙がないときの緊急時対策)
・コンタクトレンズ(半年分)
・歯ブラシセット
・ホームステイ先へのお土産(安定のヨックモック)
・ノート×2
・文庫本一冊(トランジットでの暇つぶし)
・bobble (水道水を飲用水に変えられる優れもの。空港で売っている。飲用水代の節約にもつながる)
・bobbleのフィルター(約二か月で変えなきゃいけない)
・300USドル
・目薬(ドライアイ)
・絆創膏(緊急用)
・マキロン(緊急用)
・セキュリティーバッグ(はらまき的なやつ)
・携帯(SIMフリーのスマフォとガラケー)
・デジカメ(普通のやつ。)
・ハンディカム(ドキュメンタリーとるとはいえ、高価なものは用意できず)
・メモリーカード(8GB×2、64GB)
・HDD(1TB)
・USBハブ(PCのUSBが一つしかさせない)
・USB型ボイスレコーダー(インタビュー用)
・三脚(おっきいのと小さいの)
・VISAクレジットカード
・新生銀行キャッシュカード
・キャッシュパスポート
・海外対応電源プラグ
・眼鏡
・アフリカへの情熱(プライスレス)

この記事を書いた人

Canpath user icon
Noriaki Akao
現在地:日本
生まれも育ちも東京。だけど大学は大分県別府市。 大学2年が終わってから休学中。 留学ジャパン日本代表 Apuサークルzero初代代表 スポーツはサッカーが好きです

Noriaki Akaoさんの海外ストーリー