Canpath
2422 views
17 応援!
0

自由な生き方を教えてくれたオーストラリアの冒険家

初めての海外、オーストラリアの最初を支えてくれたのはホストファミリーです。
  
ケアンズで乗り継ぎブリスベンへ。そこからバスにゆられること2時間半、不安にかられながら到着したのは、海がすぐ近くの静かで奇麗な場所でした。Noosaという小さな街。
  

「Welcome!!」

  
どうしたらいいか戸惑っている自分がドアを開けると、陽気に迎えてくれたのを覚えています。一通り家の中を案内してくれた後、日本のどこから来たのか、自分も日本に行った事があるなどの世間話ですっかり気が楽に。
  
なんと日本でバイクのライダーとしてレースに参加していたこともあるとか…!
ずいぶん前のことになるそうですが、興味深く話しを聞かせてもらいました。
  
いろいろな話をしてくれました。自分にとっては英語のヒヤリングの練習になるからラッキー♪と思っていたんですが、その内容がかなり飛び抜けてて、英語よりも話してくれるエピソードに夢中に。
  
  
「ヨットが好きで若い頃は、太平洋を旅していた。」
 ちょっと…、旅するスケールがでかすぎる…!
  
「ヨットは自分でつくる。」
 まじで…。オーストラリアのDIYってそこまでいってる?
  
「そこの写真は新聞記者が撮ってくれたんだ。」
 有名人…?
  
「そこのミニチュアラジコンは全部つくったんだ。」
 いや、かなりデカいけどね。
  
「数学の大学教授もしてた。」
 なにそれ、めちゃくちゃ頭いいじゃん…。
  
「バイクが好きでね。日本のレースにも参加したよ。」
 大学教授とライダー…。ギャップありすぎや!
  
  
などなど、なんだか経歴が凄過ぎて、最初は、冗談言ってるんだと思っていましたが、笑っていると「Hey, 本当だよ」と真顔で言ってくるし、いろいろと思い出の写真とかも出してくれて…。日本で撮影したライダー姿はとてもかっこ良かった。
そんな彼が少し弱気に、
  

「でも、もう疲れてしまった。」

  
と、語ってくれた時が忘れられません。
暖かくて、海が近い、静かな場所。もう先が長くないんだからここに居るんだ、と教えてくれた彼の表情はちょっと寂しそうだったけど、充実した顔でもありました。
  
東京で毎日遅くまで働いていた自分にとっては、衝撃の人生です。
彼の経験は自分のそれとかけ離れすぎていて、しばらくは飲み込めませんでしたが
今では新しい価値観を教えてくれた事にとても感謝しています。
  
その後、彼のあり得ない冒険がまた始まったんだけどね!
ぜんぜん懲りてない…!

この記事を書いた人

Canpath user icon
Shunsuke Sawada
現在地:日本
グラフィックデザイン出身のウェブエンジニア オーストラリアに2年(ワーホリ&ビジネスビザ)ドイツとスイスにあわせて1年くらい滞在 英語は IELTS 6.5〜7.0 程度 Co-founder of CANPATH ブログも書いています http://workabroad.jp 2014 年 4 月 Startup Weekend Yokohama 優勝 2014 年 11 月 Startup Weekend Yokohama 優勝 2014 年 12 月 Global Startup Battle Champion’ s Track 世界 6 位

Shunsuke Sawadaさんの海外ストーリー