Canpath
8736 views
4 応援!
0

WWOOF France でファームステイしてきました。

場所は Vérac、ボルドーから東に30kmくらい行ったLibourneという町から車で30分。

Libourne という駅で待ち合わせて、車で迎えに来てもらいました。

今までこの農家に日本人がWWOOFしたことはないらしいですが、アメリカ人やフランス人を含めて過去1年半で10人以上受け入れてるWWOOFのプロの農家でした。
  

すごいきれいな庭

きれいな庭、馬が6頭、トマトなどの家庭菜園、手作りの家がある農家。いわゆる兼業農家。
4月10日から17日までの1週間ファームステイしました。

馬いたよ

馬も菜園もある兼業農家だけれど、そんなに農家農家はしてませんでした。
この時期は雑草取りや、家づくりの手伝い等がメインで作業します。
  

1日の流れ

7:30   起床/朝食
9:00~ 作業
13:00  昼食
14:30~ 作業開始
19:00  夕食
22:30  就寝
 
土日も含めて大体こんな感じでした。平日はお父さんが仕事に、午後4時には3人の子供が学校から帰ってくるような普通の家庭。

雑草取り

くるみの選別

そんなに大変な作業はないものの、力が結構必要な作業が多かったかな。
  

最終日に

ノートとプレゼント

最終日、WWOOFerと呼ばれるWWOOFをする人がそれぞれノートにコメントを書いていくWWOOFノート。
それと、日本語とフランス語で書かれた特別なナイフをプレゼントしてもらいました。うれしい!
  

これからWWOOFする人へ

自分も初めてのWWOOFだったんですが、こういうことに気を付けた方がいいなって思ったので次の自分のためにもメモ。

  • アレルギー等があるか(主に食・植物系)
  • 農業経験があるか
  • 農家さんが話せる言語
  • 自分の言語レベル

はかなり大事な情報になるので、農家さんに聞かれなくても自分から伝えたり聞いた方がいいと思います。

雑草取ってるとき、実は芝アレルギーを持っているのを忘れていて、鼻水がと腕の湿疹が大変でした。笑
でもWWOOF を海外で行うのはいい経験です。日本の農家と全然違います^

機械があればぜひ!

この記事を書いた人

Canpath user icon
Yoshihito Takashiba
現在地:日本
筑波大学生物資源学類修了 / トビタテ!留学JAPAN日本代表プロジェクト1期生 / 農業経営学及び関連産業経営学研究室 / 地域ブランディング研究所インターン(2012-2013) / CanPath Co-founder(2014-) / Bordeaux Université Biologie (Licence 3 - 2014-2015) / 東音企画インターン(2016.2-2018.3) / LINEインターンシップ(2016) / 筑波フューチャーファンディング(2016.2-) / Mail: yoshi@canpath.jp

Yoshihito Takashibaさんの海外ストーリー