Canpath
503 views
1 応援!
0

育休=自分を育てる休学

このまま卒業してたまるかと一念発起。就活はするつもりなかった。
今振り返ると、一番いろんなことを経験できた一年だった。

ざっと振り返るとこんな感じ。

4月 突然の九州一周 いろんな人にあってフェアトレードについて見直す。

5月 タイの振り返り

6月 国際協力NGO NESTEP 設立

7月 大分の宇佐市の有機農家で研修 
   フェアトレードを推進する立場として、“生産者”の立場に立って見る必要があった。

8月 タイへ再び。北タイのパヤオ県へ。HIVの感染者が比較的多い地域でホームステイし、
   コミュニティで感染者や孤児をサポートする取り組みを視察。
   ※詳しくはストーリーで。

9月 ラオスへ。青年海外協力隊の活動視察 ※詳しくはストーリーで。

後半はNGOの活動を主に行いながら、ネットワークや知識の拡大に努めた。

休学の締めくくりは、3月末に行われた、「第8回 フェアトレード・タウン国際会議」での「フェアトレード国際学生フォーラム」である。これもストーリーを参照されたい。

この記事を書いた人

Canpath user icon
Yuki Fujita
現在地:日本
国境なきふじやん. 雲仙のゲストハウスTSUDOIで働いている。 国際協力NGO NESTEP代表 スキナトキニ、スキナコトヲ。 好きな場所で、好きな人と。

Yuki Fujitaさんの海外ストーリー