Canpath
4509 views
3 応援!
3

ここが私のanother sky

「海外にある第二の故郷」

 同じくトビタテ1期生であるゆきこちゃん、高柴君がなんだかイケていることをしていたので乗っかる私。大野礼奈(21)。
 留学してからanother skyを見ていなかったのでこれを書く前に西野カナをはじめとする有名人のanother skyを少し見てみた。私にとって湘南じゃない第二の故郷・・・

やっぱりブリスベンだよね?

 正直、海外経験が多かったり長期滞在はしていないので(オーストラリア3、シンガポール2、韓国2、マレーシア1、記憶にないグアム1)まだまだ変わっていくんだろうけど私のanother skyはオーストラリアのブリスベン。シンガポールも捨てがたいけどやっぱりブリスベンかな、(2013年2月~3月、2013年8月、2015年3月~2016年3月)トビタテ!を使って意地を張ってでも選んだ場所ということで。

オーストラリア第三の都市

 東海岸に位置するサンシャインステートとして有名なブリスベン。これでも第三の都市・・・と、思って来ると小ささに驚くかもしれない。一日で十分、歩いて端から端まで余裕で行けるシティーの大きさ。ブリスベン川が流れ、フェリーで移動する日常があるのもオーストラリアの他の都市とは少し違った魅力かもしれない。シティーの対岸にいけば緑あふれる広々とした公園。代々木公園!とか、そういうレベルじゃなくてもっとなんていうか・・・

S__11206836.jpg
↑初めて来たとき。案外夜も眠らないブリスベンの一面。

S__11206834.jpg
↑当時19歳。

S__11206840.jpg
↑今年。日中は太陽がサンサン、フェリーが走る。え、川汚いねってなるのは汚いんじゃなくてプランクトンが多くて栄養豊富なせい。(らしい)

S__11206837.jpg
↑フェリーの写真から90度横を向いた夕方の景色。ねえ何でまたここにいるんだろう?なんて自分に聞いてみたりして、不安を吐息にして空を煽ったりして。

そんなブリスベン。

 初めて住んだのは中心地間近の川沿い。今住んでいるのは(昨日ゴールドコーストに引っ越してきたけど)ブリスベンの奥地。まるで森。二年前に夢見ていたフェリー通学はかなわない大学に来ているけれど、私はブリスベンで笑って/泣いて/夢を見て/恋をして/楽しみも苦しみも知ってきた。食べ物の好き嫌いが多くてホームステイは無理だから・・・・寮のある語学学校にするために選んだブリスベン。今は私のanother sky、これからもきっと私はブリスベンに光を求め続ける、のかな。

どこにいても、自分。

 この場所にいるとイキイキ出来る、夢が見れる。逆に、この場所にいると汚さを知る、時の流れが嫌になる。そんな場所がきっとそれぞれの人にある。もちろん私にも。でも、大事なのはどこにいても自分は自分で変わらないということ。変わらない自分を持つこと。それを見つけに来た三度目のブリスベン。あと半年、私の目には何が映るだろうか。

この記事を書いた人

Canpath user icon
Rena Ono
現在地:オーストラリア
神奈川県立湘南高等学校卒 首都大学東京 理工学部 生命科学コース4年 神経生物研究室 トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム 自然科学1期生 IBPグリフィス52期生 留学前IELTS6.5 サーフィン始めましたin AUS ダイバーです ハンドメイドで折り鶴ピアスやってます

another sky

コメントを見るにはログインが必要です

******************************​**********************

by ******************* 2015-07-20 既読

******************************​************

by ******** 2015-07-20

******************************​******************************​***************

by *************** 2015-08-02 既読

Rena Onoさんの海外ストーリー