Canpath
1608 views
3 応援!
0

ボルドーに上陸!

香港から飛行機で約13時間。
2回の機内食を経て、無事にパリへとたどり着いた。
シャルルドゴール空港で国内線に乗り継ぎボルドーを目指す。

  

franceaeroport
ボルドー空港のbaggage claim(荷物受け取り場所)さすがボルドーと思った。

  

CDGでの飛行機の遅れを経て、なんとかボルドーへ。一気に宿を目指した。
バスを乗り継ぎ(バスが一律1.5€と安い)、目的の宿へ。

francebus
バスは不思議と2つくっついているのがスタンダード。

  

最寄りのジャンヌダルク(Janne d'arc)というバス停に到着。
しかし連絡手段がない。電話してと言われたがもちろんできない。Facebookも教えたがwi-fiがない・・・
考えた挙句公衆電話を探すことに。すると50mほど離れた公園にあるじゃないか!余裕だったと思った瞬間、ない。あれがない。電話できない。なんでないんだー!
と、なかった物は、受話器。コードまであるのに先がない。。笑

10656124_559795040815361_2108285342_n
コードしかない受話器・・・

あたりをうろちょろしてみたものの、なかなかなくきょろきょろしていたら一人の優しいおばあさが話しかけてきた。(というか話しかけてきそうだったからきょろきょろしてみた。)
事情を話すと、おうちにおいでという。これはもしや・・・とも思わずおうちにお邪魔して電話をして、かくかくしかじかで宿に到着。

Franceapartement
宿はきれいだけど、シャワーが出ない。。

  

  

インドネシア人に間違われたり、フランス人に道を聞かれたりと大変な一日でした。

  

10663354_559762924151906_166902291_o
住んでいるところの写真

p.s.フランス語が分からなさ過ぎて、まともに食事をとることができなかった(;ω)

この記事を書いた人

Canpath user icon
Yoshihito Takashiba
現在地:日本
筑波大学生物資源学類修了 / トビタテ!留学JAPAN日本代表プロジェクト1期生 / 農業経営学及び関連産業経営学研究室 / 地域ブランディング研究所インターン(2012-2013) / CanPath Co-founder(2014-) / Bordeaux Université Biologie (Licence 3 - 2014-2015) / 東音企画インターン(2016.2-2018.3) / LINEインターンシップ(2016) / 筑波フューチャーファンディング(2016.2-) / Mail: yoshi@canpath.jp

Yoshihito Takashibaさんの海外ストーリー