Canpath
895 views
0 応援!
0

The North vs The South

みなさんこんにちは! Hello everyone!

今日はイギリス・イングランドの北部と南部の違いについて、面白いビデオを見つけたので紹介したいと思います。
I'd like to share a video I found about differences between Northerners and Southerners in England.

「北部出身で南部に住んでいる人が感じる8つのこと」BBC Threeより。北部の強い訛りが入っており、さらにみなさん早口なので何を話しているか聞き取りづらいかもしれませんが、ぜひ挑戦してみて下さい。その動画がこちら!
"8 Things you'll know if you're a Northerner living in the south" from BBC Three. Here is it!
https://www.youtube.com/watch?v=6ZXJ_O15rVE

イングランドでは物や人の特徴が大きく北部と南部に分けられます。「北部の人は~よね」とか「南部だから~」といった会話をよく聞きます。このビデオでは南部に住んでいる北部出身の人が感じていることを8つにまとめているので、それを紹介していきたいと思います。会話の英語を書き出して、日本語訳もつけています。
People and things are often divided in the North and the South in England.
Conversations such as "The North people is like ~~~." or "Because the South is ~~~." are heard a lot. I will share what Northerners think in the South.

①北部なまりの英語をからかわれる
 People taking the piss out of your accent
 イギリスにはたっくさんのアクセント(訛り)があるのですが、北部のほうがアクセントが強い傾向にあります。動画に出ている例では、Face(顔)「フェイス(南部)」「フェース」、Goat(ヤギ)「ゴゥト(南部)」「ゴォート(北部)」、Bath(お風呂)「バース(南部)」「バス(北部)」などです。カタカナで文章化して説明するのがなかなか難しいですね...書き出したらきりがないほどたくさん違いがあります。
There are loads of English accents and the North tends to have stronger ones.

〈日本語訳〉
People taking the piss out of your accent 北部訛りの英語をからかわれる
"All the time." 「いっつも。」
"Everyday." 「毎日!」
"All the time." 「いっつもね。」

"I'll be like "Water" and they'll go, "Wa." 「ウォーター(水)って言ったらみんな「ワーッ」って言ってくるんだよね。」
"I know. I know." 「わかるわかる。」
"I don't sound like, "Wa." 「ワーッとか言ってないのに。」
※南部の発音が「ウォーター」であるのに対し、北部は「ワーター」

"Face" and "goat" and "Bath" 「フェースとゴォートとバス。」

"I quite like it when people try and fight me that like "barth" is the right way to say it because how can it be?" 「南部の人が『バースのほうが正しい発音よ』って言うけど、どうやったらその発音になるのよ。」
"No!" 「無理よね!」
"Because it's "a". 「だって a じゃん。」(Bathの綴りがa)
"There's no "r" in the middle of it."「真ん中に r ないのにね。」
"It's an "a". 「a だけよ。」

"But if I say things like "No" they'll be like "Noah". I didn't sound like that." 「私が『ノー(No)』って言ったらみんな『ノーア』って言い返すのよ。そんな発音してないわよ。」
"Yeah, I'll be like "No" and they'll go "Nuh". 「分かる、『ノー』って言ったら『ナァー』みたいに言ってくるよな。」
※北部のNoの発音は「ノーア」「ナァー」など。地域や個人差があります。

"All week it was "Nuh, y'alright luv? Nuh?" I'm like "Just shut up, just shut up". You're not even doing it correctly." 「もう毎週毎週『ナァー』『ヨーラーラヴ』『ナァー?』とか言われて、もう黙ってって感じだったの。真似するならせめてちゃんとやってよね。」

"You know how they say like in America, the English accent's an aphrodisiac? I feel like down here the Northern accent is not." 「アメリカだとイギリス英語ってセクシーなイメージだって言うけど、北部アクセントって全くだよね。」

②「ティー」vs「ディナー」
The "tea" vs "dinner" debate
 みなさん「朝食・昼食・夕食」を英語で?と聞かれたら、「Breakfast, Lunch, Dinner(あるいはSupper)」と答えますよね?しかしイギリス北部では違います!!北部の人は「Breakfast, Dinner, Tea」と言うのです!じゃあ紅茶は別の呼び方があるのかと思いきや、紅茶もTeaです(笑)これは元々Dinnerという単語が「一日のうちで主要な食事」を意味し、労働者階級の人はお昼にたくさん食べてスタミナをつけることから昼食がDinnerと呼ばれるようになったそう。そして夕方早めに食べる食事がTeaと呼ばれるようになりました(Afternoon teaの時間の食事であるからや、紅茶と一緒に夕食を取っていたからなど諸説あります)。さらにSupperという単語も夕食という意味で使われることが多いですが、北部では夕食後のスイーツを指します。
実際に研究所で働いている研究員さんたちは、昼食のことをDinnerと言う意味で「Dinner食べに行っといで」と言います。初めて聞いた時は???でした(笑)
If you are asked that how you say "morning meal, afternoon meal and evening meal", you'd say "Breakfast, Lunch and dinner or supper". However Northerners (especially working class) say "Breakfast, Dinner and Tea". It is said that because dinner means the main meal of the day and working class people eat main meals at noon and a little meal at afternoon tea time or evening. Supper also means dinner on the South but means sweets after evening meal on the North.
Actually people working at Nafferton say "Do you want to go for dinner?". I was very surprised at when I heard of it first.

〈日本語訳〉
The "tea" vs "dinner" debate ティーvsディナー
"See I'm quite southern on this." 「私これに関しては南部だわ。」
"Oh don't. Oh stop it." 「あらやだ、やめてよ。」
"This is going to go really bad isn't it? But I say "Breakfast,lunch and dinner". 「悪い例になっちゃって申し訳ないわ、けど私『Breakfast, Lunch, Dinner』って言うの。」
"Oh you don't?" 「うそでしょ?」

What do you say? 「何て言う?」
"Teatime". 「Teatime」
"Teatime?".「Teatime?」
"It's teatime".「Teatimeでしょ。」
"That's it?" 「それだけ?」

"It's "Breakfast, dinner, tea" but do you have supper though?" 「Breakfast, dinner, teaよね。けどSupper(夕食後のスイーツ)もあるわよね?」
Yeah. 「うん。」

"But supper to posh Southerners means dinner as in evening meal. To me supper is like if you have a crumpet about 9 o'clock." 「Supperって南部の上流者階級の人は夕食の意味で使うけど、私からしたら夜9時のクランペットのことなのよね。」
"Yeah, yeah." 「わかるわかる!」
crumpet.jpg

"Dinnertime at school, dinnertime were 1 o'clock, you went for your dinner, not your lunch." 「学校でディナータイムが1時にあるのよね、ランチじゃないわ。」
"You had dinner ladies." 「ディナーレディーがいたわよね。」(学校の調理師の方)
"Exactly, dinner lady." 「そうよ!ディナーレディー!」

"I feel like dinner here is some just like even where people just sit around a table and they're like "Would you like more wine darling?" and I'm just like "No, where's me Twizzlers?" 「南部のディナーってなんかみんなで一つのテーブルに座って『お嬢さんワインのおかわりはいかが?』みたいなのよね。そうじゃなくてTwizzlersがいいの!」
※イギリス北部南部関係なく my の代わりに me が使われることがあり、この文章では「Where is my Twizzlers?」ではなく、「Where is ME Twizzlers?」になっています。
Twizzlers.jpg

③中部の人は北部出身だと思っている
 Midlanders thinking they're Northerners
 中部にあるノッティンガム(Nottingham)やレスター(Leicester)の人たちは、北部出身だと言うそうですが、さらに北部の出身の人からしたら中部は南部なのだそう。(笑)

〈日本語訳〉
Midlanders thinking they're Northerners 中部の人は北部出身だと思っている
"They're not." 「彼らは北部出身じゃないわよ。」
"Not okay." 「南部よね。」

"Oh I'm Northern... Oh, no way me too. I'm from Middlebrough where're you from?... Birmingham. You're not Northern." 『私北部出身なの!」』「そうなの俺もだよ!俺Middlebroughだよ。北部のどこ?」『バーミンガム』「君それ北部出身じゃないよね。」

"They were like "Oh we're stingy Northerners" I was like "Oh I know what you mean...Oh where abouts are you from?...Leicester. Leicester?" 『私北部出身でねー』「あ、そうなの!北部のどこ?」『レスター』「えっ、レスター!?」

"I think some people from Nottingham identify as Northern." 「ノッティンガムの人って北部だと思われてるわよね」
"No way I think they'd be more Southern." 「うそでしょ、ノッティンガムは南部よ。」
"Well I agree." 「私もそう思うんだけど。」

"Then it's kind of like a compliment to us isn't it that people want to be from the North." 「でもそれって褒め言葉だと思うの、北部出身になりたいってことよね。」

"The fact is it's called the Midlands because it's in the middle." 「実際ミドルランドって言われてるんだから、ミドル(中部)なの。」

④家族が「ポッシュ」(上流者階級)だと言ってくる
 People at home thinking you sound posh
 南部に行って訛りが薄くなると、実家に帰った時に家族に「上流者階級の人英語のようだ!」と言われてしまうそう。笑

〈日本語訳〉
People at home thinking you sound posh 家族が「ポッシュ」だと言ってくる
"Oh every single time." 「毎回毎回言われるよ。」

"Up there it's like "Oh you sound posher", down here it's like "Oh you've been home again?" 「家では『また上流の英語になってるわね』って言われるのに、南部に来たら『あーまた実家戻ってたんだろ!』って。」

"My mum calls me a ponce." 「私のお母さんが私のこと『ポンス』って呼ぶのよ。」(ポンスとは自分を良く見せようとしている人のこと)

"My mum's always saying that I say "No" differently now because I don't say "No" as broad as I used to do." 「お母さんに『Noの発音が違うわよ』って言われちゃった。」

"I wish it hadn't gone. 「訛りがなくなってないといいんだけど。」
You could bring it back." 「取り戻せるわよ。」
"And I will." 「そうするわ。」
"Just start talking like that all the time like what how we used to talk." 「こんな感じで話してみたら?笑」

⑤夜の外出でコートを着ない
 Bringing a coat on a night out
 北部の人は夜の外出でコートを着てはいけないそう(笑)実際にニューカッスルで夜歩いていても、最近は夜10℃~15℃くらいですが、ノースリーブで短いスカートを履いた女性をたくさんみます。
Actually when I was walking at night time in Newcastle I saw loads of women who were wearing a short length dress with no sleeve even it was about 10-15℃.

〈日本語訳〉
Bringing a coat on a night out 夜の外出でコートを着ない
"No." 「着ない。」
"Never." 「着たことないわ。」

"I'm used to going out in tiny little hot pants, a little vest and not much else. It's something like "You're not going to be cold?" "No love I don't care if it's snowing outside, I'm going." 「私なんて短いホットパンツ履いて、ちっさいベスト着てただけよ?誰かに『大丈夫?風邪ひかない?』って聞かれても、雪が降っててもその恰好で行くわ。」

"But like down here, I've realised that actually I said I don't, I do, like a little suit jacket or something like that once in a while." 「南部に来てからはたまにジャケット着て出るようになったな。」

"It's like coming down here and everyone's in their duffle coats, they've got umbrellas, bags with flat shoes in. I'm like "What are you playing at?" 「南部の人って外出の時、みんなしてダッフルコート着こんじゃって、傘持って、カバンとパンプスよね、バカじゃないの?って感じ(笑)」

"I hope my dad doesn't see this, he'll be ashamed that I've just admitted I get to take my jacket out on a night out." 「南部に来てジャケットを着て出るようになったけど、お父さんが見たら恥ずかしく思うだろうな。」

"Let's not wear a coat then." 「コートは着ないでおきましょうね。」
"Coats are vetoed." 「コート禁止ね。」
"Cheers, I hate coats." 「絶対ね、コート嫌いよ。」

⑥フレンドリー過ぎて、南部の人に気持ち悪がられる
 People thinking you're weird if you're friendly
 北部の人はみんな驚くほどフレンドリーです。実際に「北部の人はフレンドリー」という固定観念があるそう。ニューカッスルで生活していて、「ニューカッスルに来て良かったわね!みんなフレンドリーだから!南部の人は忙しそうでフレンドリーじゃないわよ。」とよく言われます。
 People in Newcastle are really friendly. It is sort of stereotype that Northerners are more friendly. They say to me "Oh you're lucky that you came to the North because we are very friendly."

〈日本語訳〉
Ah People thinking you're weird if you're friendly. フレンドリーすぎて気持ち悪がられる
"They do." 「南部の人に気持ち悪がられるよね。」
"They do, yeah." 「ほんとに。」

"The automatic first thought is that you're crazy." 「もう最初のイメージが自動的に、頭おかしいのかな?みたいよね。」

"Sorry, sorry mate, is that book any good?" and he looked like, he turned around and he looked like, I'd just gone "Mate, do you mind if I just tickle your balls while I'm there?" 「この前僕がある男の人に『その本良い?』って聞いたら、急にそっぽ向いていかにも僕が『ちょっと触らせてくれる?』とでも聞いたかのような反応されたんだよ。」

"Down the street, knock on your neighbour's door and go, "Oh, have you got a bit of milk?" it's fine." 「北部だったら近所の家に『ねぇちょっと牛乳もらえない?』ってしてたな。」
"But you don't even know your neighbours, yeah?" 「でも南部でご近所知らないでしょ?」
"I don't know my neighbour." 「うん、近所の人知らないな。」
"I don't, oh actually I do. She said I was too noisy. She doesn't speak to us now." 「私も知らないわ。あ、知ってるわ。この前隣の人が来て私がうるさすぎるって怒られちゃった。それからもう喋ってくれないの。」

"They need a bit of Yorkshire charm in their lives." 「南部の人にはヨークシャーの人の魅力が必要ね。」(ヨークシャーは北部イングランドの中でもフレンドリーと言われている。)
"Yeah exactly. "What's wrong with you? God's country's come to you. Hello." 「ほんとよね。新しい世界になるはずだわ。」

⑦南部は全てが高い
Everything is expensive
南部(特にロンドン)は物価がとっても高いです。食べ物、飲み物、お酒、交通費、ホテルやアパート全てが高いです。

〈日本語訳〉
Everything is expensive
"Very true." 「事実よね。」

"Everything is expensive." 「ほんとにあってるわ。」

"Go up to Leeds, you can go out with £25, you get your taxies, you're paralytic, you're home and you've got your takeaway. London, you need £50 just to get there." 「リーズ(北部)に行ったら25ポンドでタクシー拾って飲んで食べ物持ち帰りして帰れるけど、ロンドンだったら50ポンドで行道だけよね。」

"But it was triple Vodka Red Bull for I think it was either £1 or £1.50." 「北部ではレッドブルが3本で1ポンドか1.5ポンドくらいだったわ。」

"I never bought a triple down south." 「南部で3LDK買ったことないな。」
"Exactly." 「たしかに!」
"I couldn't." 「無理だよね。」
"You'd have to remortgage." 「ローン組まなきゃいけないんだもん。」
"I'd have to remortgage." 「ローン組まなきゃ無理よね。」

⑧他の北部からの人と会うのが大好き
 Meeting other Northerners
 北部の人は北部愛がとっても強いです。南部にいても他の北部の人と会うのが大好きなんだそう。

〈日本語訳〉
Meeting other Northerners 他の北部の人と会うのが大好き
"I love meeting other Northerners." 「他の北部出身の人と会うの大好き!」

"As soon as you hear an accent, you're just like magnetised." 「アクセント聞いただけでマグネットみたいに付いて行きたくなっちゃうのよね。」

"I followed a girl around Oxford Street Topshop because she walked in and I thought "She's definitely Scouse." 「オックスフォード通り歩いてたら、あっあの子絶対スカウスだなって子がいたのよ。」
※Scouseとはリバプールの人のこと。

"Running over saying "Do you want a drink? Here, come and talk to me for an hour. Where are you from? You're from Leeds? Oh my god, where abouts? Who do you know? What school did you go to? Let's get on Facebook, we've got mutual friends." 「南部で北部の人がいたら走っていって『何か飲み物いる?1時間だけ話さない?どこから来たの?あらやだリーズ?リーズのどこ?誰と友達?どこの学校行ってたの?フェイスブックに共通の友達いるはずだわ。』って話かけちゃうの。」

"It's easy isn't it? It's so easy." 「すぐ友達になれちゃうわよね。」
"I know, of course it is." 「ほんとよね。」
"So easy." 「すぐに友達になれちゃうの。」
"You feel like You're at home don't you?" 「アットホームに感じない?」
"Yeah, you just get on." 「わかる!すぐ仲良くなれちゃう。」

"Oh, I'm glad I've met another Northerner." 「他の北部の人に会うの大好き!」
"Exactly." 「私もよ。」

 今回初めて動画の英語を書き下ろし、日本語に訳してみて、翻訳の難しさが分かりました。普段から会話をする時は、英語で理解して英語で返すように心掛けているので、いざこの動画を訳すとなった時英語で理解ができていても日本語が出てこないことがあり、英語を英語で理解できていることに気が付け、嬉しかったです。翻訳の練習もしていきたいです。

この記事を書いた人

Canpath user icon
Megumi Nagao
現在地:イギリス
トビタテ!留学JAPAN 2期生 Australia/WWOOF UK/Newcastle University/NEFG(Nafferton Ecological Farming Group) 英国ニューカッスル大学 大学院生 Organic Farming and Food Production Systems 練習のため、英語でも書いていきたいです!

Megumi Nagaoさんの海外ストーリー