Canpath
1908 views
1 応援!
0

【フィジー留学】まだ、終わらない。第三章

どうも、シライです、

そうなんです。
この日は、まだ終わらなかったんです

22:00に到着したシライですが、ホストの家族は
いい意味で、予想を裏切りとても、暖かく迎えてくれました。

「この家庭ならやっていけそうだな」と思うのもつかの間、

ホストの子供(17歳)が、マシンガントークで友好的に話しかけてくれます。
そして、夕食後、自分の部屋へと案内されます。
IMG_5480.JPG

一通り使い方の説明を受け、

整理をしていたその時・・・
事件は突然やってきました!?

コソっコソっっ

何かが…。
見えた気がしました…
それは、初日からやって来たんです!

その名は

「COCKROACH!!」

そう、

「ゴ・キ・ブ・リ」

しかも、日本よりおっきいヤツ

マジか…

いきなり、心折れそう。 

(コイツだけは、私、ダメなんです本当に)

その日は、ほとんど寝れなかったのは言うまでもありません。

このストーリーは、ブログに書いているものをダイジェスト版で掲載しています。
先が読みたい場合はこちらからどうぞ→http://blog.livedoor.jp/shirahi_trigger/
また、リアルタイムのフィジーライフはtwitterで発信してます! @shirahi777

この記事を書いた人

Canpath user icon
Hidenori Shirai
現在地:フィジー諸島
【現在フィジー留学中】フリー広告プランナーとして働く30歳です。現在、富士山の近くで、気軽に泊まりに来れて、みんなに 色んな”きっかけ”を提案する「宿」を作ろうと奮闘中! 詳しくは、きっかけを提案する宿「きっか家」 http://blog.livedoor.jp/shirahi_trigger

Hidenori Shiraiさんの海外ストーリー