Canpath
1093 views
3 応援!
0

Casse noisette-くるみ割り人形をフランスで-

ボルドーの Grande têatre にある opéra de bordeaux でバレエを見てきました!

オペラとは

演劇と音楽によって構成される舞台芸術である。 -wiki

なるほど。でもオペラはフランスでは一般的に"劇場"のようなものを指します。
今回みたバレエはとても有名な「くるみ割り人形

ボルドーのオペラはルイ14世が感銘を受け、パリのオペラ建設の懇願を受け入れたといわれている。(フランス人情報)

くるみ割り人形とは

くるみ割り人形はチャイコフスキーの三大バレエの一つ。「くるみ割り人形とねずみの王様」という童話をもとに作られたバレエでクリスマスの時期に上映されるのが一般的。
ちなみにチャイコフスキーの三大バレエは「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」(年代順)

くるみ割り人形はストーリーが単純だがバレエが本格的、子供から大人まで楽しめるため、とても人気が高い。

ストーリーとかいろいろ見て、下準備を済ませ、いざオペラへ!(初めて)
12€(1500円くらい)とお得

広い。てかすげー。というのが最初の感想。なんというか、この独特の感じ。日本にはなく、今のフランスの街並みにも存在しない優雅な古風感。(ボキャブラ・・・)
優雅な古風感

5階からの閲覧だったのだが、とても見やすい。バレエを構成するのはオーケストラとバレエと合唱隊。

天井なんかすごい。
200年ほどの歴史のある建物だから、とても不思議な気分。

そこには機械的なものはなく、すべて自然のものによって構成されている。
機械が普及している今、こういったものに触れるのは最高だと感じた。

この記事を書いた人

Canpath user icon
Yoshihito Takashiba
現在地:日本
筑波大学生物資源学類修了 / トビタテ!留学JAPAN日本代表プロジェクト1期生 / 農業経営学及び関連産業経営学研究室 / 地域ブランディング研究所インターン(2012-2013) / CanPath Co-founder(2014-) / Bordeaux Université Biologie (Licence 3 - 2014-2015) / 東音企画インターン(2016.2-2018.3) / LINEインターンシップ(2016) / 筑波フューチャーファンディング(2016.2-) / Mail: yoshi@canpath.jp

Yoshihito Takashibaさんの海外ストーリー